おしっこをミミズにかけると?

おしっこを科学するのなら、いろいろな迷信とか本当? どうして?という項目も、気持ちも無視してはいけないと思います。


ニュートンも「りんごはなぜ落ちるの?」っていう、先生に「頭おかしいんじゃないのこの子」と思われるような好奇心あふれる人だったと言われます。


それで、「おしっことミミズ」の関係です。

男の人は立ち小便で、いろいろ目標を定めることができますが、「みみずにおしっこかけると、ちんちん腫れるぞ!」っていう俗言を一度は耳にしています。

 

本当なの? 今ならネットで色々調べることができます。

有名なウイキペディアを見ると、項目はあるものの迷信だとされています。

小便とミミズ:古くから「ミミズに小便をかけると陰茎が腫れる」と言われるのは、雑菌が尿を伝わって陰茎に付くかも知れないという説と、田畑に養分を与えるミミズへの尊敬と感謝に由来する迷信であるとする説が主流である。
ウイキペディア ミミズより。)

 

でも、「なんでも研究室」ミミズあれこれ というサイトを見ると、いろいろな例を上げていて、どうも本当らしいように思えます。

 

ミミズからは、何かが出る時があるように思えます。
そして、そういうときにたまたま、おしっこかけると・・・



ちゃんと研究して解明すれば、「イグノーベル賞」が取れるかもしれません。


ミミズ

 

安心おしっこ

安心おしっこ(尿を考えるサイト。)

タグ:迷信
posted by 安心夜守 at | Comment(0) | おしっこトリビア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

このサイトでは、特殊尿器の紹介を通じて、おしっこ全般のことを考えます。