冬の散歩で一番の障害はトイレです。

散歩は基本的に好きです。
歩くことは健康に良いですし。
第一知らないところを歩くだけでいろいろな発見がありますし。
飽きないですね。
ちょっと大げさに言えば、2時間位の散歩で、2泊3日くらいの旅行に行ったような収穫があると感じるときもあります。
旅行って。行き帰りの移動手段を除けば散歩と変わらないですよね。

スマホで地図が綺麗に出て、歩くこと(散歩)が本当に楽しくなりました。
迷うことがなくなりましたし、近くの名所もわかりますし。

iphoneマップ

iponeのgoogle MAPで徒歩ルートナビを表示させる。
(東京駅から東京スカイツリーまで。)

ところが、冬の散歩で一番困ることがあります。
それは「おしっこ」したくなること。

この時期、冬の散歩は、尿意との戦いになります。
どこでおしっこしよう。

漫然と歩く散歩では、なかなかトイレがみつかりません。
地図で表示できそうなものなのですが、身障者用トイレは出るのですが、数が少ないと思います。 もっと小さな公園とかにも有るはずです。

同じ散歩でも夏は汗をかくせいでしょうか、それほどトイレに行きたくなりません。
歩きながら、あるいは立ってでも良いですが、着衣のままおしっこできたらと何度も思いました。

特に男性の場合には、比較的簡単に排尿できるのですが、最近は立ち小便でも捕まりそうです。 周囲の目は無視できません。

小型の排尿バック

おしっこを緊急用に貯める小型排尿バックなどがありますが、散歩の途中にどうやって使えましょうか。

その点夜ならよいかもしれませんが。 逆に不審者と思われてしまいます。

都心では散歩もいろいろ気を使います。

安心おしっこ

安心おしっこ(尿を考えるサイト。)

posted by 安心夜守 at | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

このサイトでは、特殊尿器の紹介を通じて、おしっこ全般のことを考えます。